[PR]

 野球のU18(18歳以下)の第12回アジア選手権大会最終日は10日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で3位決定戦があり、日本は中国を14―1(七回コールド)で下した。

 日本は同点の二回、日置航(日大三)、小園海斗(報徳学園)の連続適時打で2点を勝ち越し。計11安打を放ち、その後もリードを広げた。投げては一回途中から救援した柿木蓮(大阪桐蔭)が六回まで被安打1の力投を見せ、七回は根尾昂(大阪桐蔭)が締めた。

 決勝は韓国が台湾を7―5(延長十回、十回はタイブレーク)で破り、2大会ぶり5度目の優勝を果たした。ベストナインには日本から藤原恭大(大阪桐蔭)、根尾の2人が外野手部門で選ばれた。韓国、台湾、日本の上位3チームが、来年に韓国で開かれるU18ワールドカップ(W杯)に出場する。

こんなニュースも