[PR]

 千葉市若葉区の県道で大型トラックが横転して軽乗用車が下敷きになり、男女3人が死亡した事故で、トラックが最大積載量を8トン近く超える鉄くずを積んでいた疑いのあることが捜査関係者への取材でわかった。千葉県警は道路交通法違反(過積載)の疑いもあるとみて調べている。

 事故は8日朝、千葉市若葉区中野町の三差路交差点で発生。左折しようとした大型トラックが横転して対向車線の軽乗用車が下敷きになり、会社役員の吉田亮(あきら)さん(43)と後部座席にいた妻の葵さん(37)=ともに同県大網白里市=、助手席にいた吉田さんの父で会社員の隆さん(70)=千葉市緑区=が死亡した。

 県警はトラックを運転していた自称・同県八千代市の会社員、在原(ありはら)伸悟容疑者(26)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕し、9日に同致死容疑で送検した。

 捜査関係者によると、トラックの最大積載量は29トン。在原容疑者は家族が経営する運送会社に勤めており、「鉄くずを37トンくらい載せていた。載せすぎたかも知れない。バランスを崩した」などと供述しているという。県警は荷主や運送会社の関係者に事情を聴くなどして裏付けする方針。(武田遼、寺沢知海)