[PR]

 熊本地震の被災者の意見を採り入れた非常食「potayu(ポターユ)」を、食品大手の「石井食品」(千葉県船橋市)が開発し、発売した。「普段も非常時も食べたくなる」をコンセプトにしており、食べやすさや親しみやすさにも配慮されている。

 野菜や熊本県産の玄米を素材にした、食品添加物を使わないおかゆで、コーン、パンプキン、トマトの3種類がある。税抜き350円。常温で1年間保存でき、常温で食べられる。

 石井食品は2012年から、東日本大震災の被災者の意見をもとに「非常食セット」を開発し、販売してきた。熊本地震から2年が経とうとしていた今年3月、防災に取り組む一般社団法人「防災ガール」のメンバーと共に社員らが熊本を訪れ、被災者らに避難生活中に食べた非常食について意見を聞いた。

 「野菜が少なく、カロリーの高…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら