[PR]

 クロマグロの完全養殖を手がける近畿大は10日、和歌山県串本町にある養殖施設の一部が台風21号の被害を受けて、約600匹のマグロが死んだり、流されたりしたと発表した。被害総額は約1億円にのぼるとしている。

 近大水産研究所によると、被災したのは、串本町沖に設置したいけす15台のうちの1台(直径30メートル、深さ10メートル)。網で囲われたなかで、体重30キロほどに育った約600匹のマグロが回遊していた。うち約250匹が死に、約350匹がいなくなった。生きていたのは数匹だけだった。

 いけす自体が設置場所から約100メートル沖に流されており、研究所は台風の高波でマグロが外に流れ出たとみている。残ったマグロも波にもまれ、傷ついたり、呼吸できなくなったりした可能性が高いという。

 近大は和歌山県と鹿児島県で約1万匹のマグロを養殖している。ほかのいけすで目立った被害はなく、東京や大阪で営業する直営料理店には十分供給できるという。(波多野陽)