[PR]

 銀行業界で7年ぶりの新規参入となるローソン銀行は10日、10月15日から営業を始めると発表した。ローソン店舗内の現金自動出入機(ATM)を使ったビジネスに軸足を置き、現金を使わないキャッシュレス決済の推進や地方銀行との連携にも力を入れる。小売り系銀行の最後発として、どう個性を打ち出していくかが問われる。

 「ATMを収益基盤に、(現金を使わない)キャッシュレス社会に挑戦し、地域活性化にも寄与したい」

 ローソンの竹増貞信社長はこの日、東京都内で開いた記者会見で、新銀行への意欲をこう語った。

 当面の事業の柱は、全国のローソン店舗に置かれた1・3万台のATMの管理・運営だ。提携する金融機関のカードでローソンのATMを使うと、提携先からローソン銀に手数料が入る。この収入で、「金融庁から求められている3年間での単年度黒字」(山下雅史ローソン銀社長)達成をめざす。

 厳しい経営環境が続く地方銀行は、ATMや店舗の維持が重荷となっている。ローソン銀は、地銀のATMをローソン銀のものに置き換えたり、ローソン店舗に出張所を設置したりといった提案を、地銀に対して今後強めるという。

 来年1月にはローソン銀として…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら