[PR]

 北海道胆振(いぶり)地方を震源とする地震の影響で、名古屋市内の百貨店では北海道物産展への出店見合わせが相次いでいる。

 名古屋三越栄店では地震発生前の5日から「秋の大北海道展」を開催している。11日まで営業する予定だった札幌市のラーメン店が9日で出店を終了。工場から麺を追加で仕入れることができなかったためだ。12日から出店するはずだった札幌市の別のラーメン店は、現地の停電などで準備ができず出店を取りやめた。

 12日に物産展が始まるJR名古屋高島屋では、114店のうちスイーツ3店が出店を見送ることになった。松坂屋名古屋店は19日から北海道展を開くが、予定している112店のうち、パイが売りの洞爺湖町のホテルが出店を取りやめる。

アンテナショップでも品切れ

 名鉄百貨店本店の地下1階にある北海道産品のアンテナショップ「北海道どさんこプラザ名古屋店」では、牛乳、チーズ、ヨーグルトが品切れしている。地震の影響で仕入れが滞っているためで、納期は未定。道内の仕入れ先の中には連絡が取れていないところもあり、品薄になる商品が増える可能性もある。