[PR]

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスは11日、米半導体メーカー大手のインテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)を約7330億円で買収すると発表した。通信用の半導体を得意とするIDTを子会社化し、自動運転向けの技術を強化する。

 2019年前半の買収手続き完了をめざす。ルネサスの前身は日立製作所、三菱電機、NECの半導体事業で、自動車用の半導体で世界有数のシェアを持つ。合併・買収(M&A)を進めており、17年には電源制御用などの半導体をつくる米インターシルを約3300億円で買収した。