[PR]

 岡山市の大森雅夫市長は11日、西日本豪雨災害からの復旧・復興のため、91億1700万円にのぼる一般会計補正予算案を発表した。12日の市議会に提案する。市が指定市になって以来、最大の補正額となる。

 災害ごみの処理など被災者の生活再建支援に38億5411万円、道路や学校などの復旧や防災対策の強化に52億6377万円をあてる。

 防災対策の強化では、227戸が床上浸水するなどの被害があった笹ケ瀬川の西側地区への対策として、排水ポンプ場整備を2年前倒しし、今年度中に基本設計を実施するために2700万円を計上した。

 市は2024年度にポンプ場を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら