[PR]

 岩手県内で梅毒が増えている。今年報告された感染者数は2日までに23人に上り、昨年の年間16人を上回っている。現在の統計方法になった1999年以降で最多で、全国的にも増加傾向にあるため、県が注意を呼びかけている。

 県環境保健研究センターによると、23人のうち男性は20人で女性は3人。男性は30~50代が多いという。2007年以降は数件で推移していたが、16年に9人、17年に16人と年々、感染者数が増えている。

 梅毒は「梅毒トレポネーマ」という細菌が原因の感染症。主に性交渉などにより感染する。感染に気づきにくいため他人にうつしやすい。感染して数年経つと心臓や血管に病変が生まれ、場合によっては死に至ることもある。

 国立感染症研究所によると、昨…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら