[PR]

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスが、7千億円超を投じて米国の同業メーカーを買収する。人員削減で経営難を脱したとはいえ、技術革新の激しい半導体業界での生き残りは簡単ではない。大型買収で技術力を強化し、急成長が見込める車の自動運転向けで攻勢をかける狙いだ。

 ルネサスが11日に発表した買収先は、米カリフォルニア州のインテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)。企業のデータセンターなどで使われる通信用半導体に強く、年間売上高は900億円超。自社工場を持たず、他社に製造をゆだねる事業モデルで急成長した。ルネサスは8月末のIDTの株価に3割ほど上乗せして全株を買い取る予定で、来年前半の完了をめざす。

 ルネサスの呉文精(くれぶんせい)社長は記者会見で「予選通過ではなく、優勝を狙う。自動運転では絶対に明け渡さないという決意だ」と語った。ルネサスは車向けの半導体で世界有数のシェアを握るが、自動運転に不可欠な無線通信技術は強くない。そこで車向けに用途を広げたがっていたIDTに、買収による傘下入りを持ちかけた。両社の技術を組み合わせて車向けの新製品を開発する考えだ。買収には各国で独占禁止審査を通る必要があるが、両社の製品にほぼ重複がないため、早期に通過できるとみている。

 ルネサスはNEC、日立製作所…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら