[PR]

 米ニューヨークで開かれている2019年春夏のコレクションで、日本でも人気のブランド「ケイト・スペード」の新しいデザイナーに就いたニコラ・グラスさんがデビューコレクションを発表した。ブランドを立ち上げたデザイナー、ケイト・スペードさんは今年6月に自宅で亡くなっているのが見つかった。グラスさんは、ショーでスペードさんへの敬意を表した。

 「彼女はどこへ行くにもキラキラを残した」。7日(日本時間8日)に開かれたショーでは、英語でこう書かれたカードが、来場者の席に置かれていた。

 グラスさんは今回、ブランド名にある「スペード」のマークを象徴的に打ち出した。スペードが四つ合わさって花の模様に見えるワンピースや、留め具がスペードの形をしたバッグなどが印象的だった。

 ショーの後にコメントを出した…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら