左手のない選手が鮮烈デビュー NFL、共感広がる

有料会員記事

榊原一生
[PR]

 そのタックルは、体の一部を失っても「やれる」という可能性を示すものだった。9日の米プロフットボールリーグ(NFL)で、左手首から先のないシアトル・シーホークスのLBシャキーム・グリフィン(23)が先発出場した。今季、NFL入りした新人が、最高峰リーグで鮮烈なデビューを果たした。

 敵地であった開幕戦のデンバー・ブロンコス戦。ヘルメットからはみ出た髪をなびかせ、背番号「49」がフィールドへ。LBは守備の第2列に位置する守りの司令塔だ。相手のラン、パス攻撃に対応し、時には鋭い出足でパスを投げようとするクオーターバック(QB)を襲う。武器はスピードだ。この日は球を持った相手との間合いを素早く詰めてタックル。右手でつかみ、左腕を絡みつけて前進を食い止めることもある。試合は24―27で敗れたが、2タックルをマークした。

 自分を健常者の双子の兄と分け隔てなく育ててくれた両親の前で、1年早くチーム入りした兄のDBシャキールとともにプレーした。「2人でフィールドに立つことが経験できるなんて。支えてくれた家族に感謝だね」と米メディアに喜びを語った。

 シャキームは生まれつき、左…

この記事は有料会員記事です。残り569文字有料会員になると続きをお読みいただけます。