[PR]

 聞こえに問題がある子どもたちへの支援が広がっている。適切な検査で早めに見つけ、学ぶ環境を整えることが大切だが、専門家の不足などの課題も多い。

 富山県に住む女児(9)は、赤ちゃんの時に聴覚の異常を調べる新生児聴覚スクリーニング検査(NHS)を受け、再検査の対象になった。紹介先のみみはなのど・あそうクリニック(富山市)で、軽度の難聴だとわかった。高い音が苦手という。

 母親(40)にも軽度の難聴があった。「さ」と「た」の違いがわかりづらく、授業や友達との会話についていけなかった。「自分と同じ思いをさせるのか」と落ち込んだ。

 麻生伸院長は母親に、補聴器で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら