[PR]

 自民党総裁選(20日開票)について、朝日新聞が、党所属国会議員に支持候補を尋ねたところ、連続3選をめざす安倍晋三首相(63)が405人中337人の支持を集めていることが分かった。議員票の8割超を確保する情勢だ。石破茂元幹事長(61)は50人にとどまっている。

 総裁選は1人1票の投票権を持つ国会議員票405票と、同数の地方票の計810票で争われる。記者会見やツイッターなどで特定候補の支持を表明した議員を除き、衆参の国会議員本人に直接、誰を支持するかを聞いた。405人のうち支持候補を明らかにしたのは387人。12人は未定または明言せず、残る6人は直接取材できなかった。

 安倍氏を支持する細田派(94人)、麻生派(59人)、岸田派(48人)、二階派(44人)、石原派(12人)の5派閥から石破氏支持に回ったのは1人だけだった。石破派は20人全員が石破氏支持だった。

 対応が割れたのは事実上の自主…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら