[PR]

 あまりの人気で入手困難。だから「幻のラムネ」と呼ばれるレインボーラムネ。奈良県生駒市の町工場・イコマ製菓本舗が作るこの菓子に、小粒版ができた。UHA味覚糖(大阪市)との共同開発。門外不出だった味が、コラボ商品として店頭に並んだ。

 コラボ商品は「レインボーラムネ ミニ」。直径12ミリの球形で、重さは本家の3割ほどだ。4色のパステルカラーで、外はカリカリ、中は滑らかという食感は本家と変わらない。

 本家が「幻のラムネ」と呼ばれるのは、店頭販売が少なく、購入する主な手段が年2回のはがき抽選で、その倍率もとても高いからだ。

 イコマ製菓社長の平口治さん(…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース