[PR]

 日本ウエイトリフティング協会の三宅義行会長(72)が女子日本代表選手にパワーハラスメントをしたという報道があり、協会は11日、近日中にコンプライアンス委員会で対応を協議する方針を示した。

 協会によると、数年前に女子日本代表選手が代表監督の三宅氏からパワハラ行為を受けた、という情報があり、2015年8月に三宅氏と関係者が話し合いの場を設けたという。9月1日の常務理事会で理事から三宅氏のパワハラ行為の真偽を問う話があったといい、夕刊紙が報じた。小宮山哲雄専務理事は「選手からはその後、3年間何もなかった。現時点でははっきりしたことは言えない」。15日にある理事会までに対応を決めるという。三宅氏はメキシコ五輪で銅メダル。ロンドン五輪で銀、リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した三宅宏実(いちごグループHD)の父。