[PR]

落語家:桂ちょうばさん(39)

 上方落語界の新たなスターを発掘しようと、3年前に始まった若手噺家(はなしか)グランプリ。「最後の挑戦」と決めて臨んだ6月の第4回大会で優勝し、出場38人の頂点に立った。落語家になって17年。若手から中堅への移行期でつかんだ栄冠に、「次のステージに向けて弾みになります」と喜ぶ。

 落語との出あいは高校1年の時。友人にテレビの演芸番組のスタジオ観覧に誘われた。桂ざこばさん(70)と笑福亭鶴瓶さん(66)が即興で演じる噺に腹を抱えて笑った。「こんなすごい芸能があったのか」と衝撃を受けた。落語会に通い始め、進学した阪南大学では「大阪の観光と落語」をテーマに卒論を書いた。

 卒業後の2001年、ざこばさんに入門。「全てはネタが教えてくれる。1本でも多く、いろんな噺を覚えなさい」と教えられた。「40歳までに100本」の目標を掲げ、一門以外の師匠方からも稽古をつけてもらった。

 今月末にその40歳になる。目…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース