[PR]

 東京・国技館で行われている大相撲秋場所3日目の11日、今場所初めて幕内後半戦の審判長を務めた錦戸審判部副部長(元関脇水戸泉)が、物言いのついた一番での館内への説明で間違いを連発した。

 まずは正代―遠藤戦。正代が攻め込み、土俵際もつれた取組だったが、錦戸審判長は協議終了後のアナウンスで正代を同じ時津風部屋の豊山と混同。「行司軍配は豊山の押しを有利と見て挙げましたが、(中略)、軍配通り豊山の勝ちと致します」と説明。直後に「正代です」と訂正した。

 さらに続く御嶽海―玉鷲戦でも軍配は御嶽海に挙がったが、「軍配は玉鷲の寄りを有利と見て挙げましたが……」と、行司が指し示した勝者を間違えてアナウンスした。

 打ち出し後の錦戸審判長は「正代と豊山が同じ部屋でいつも間違えてしまう。顔を見たら違うのに申し訳ない」と恐縮しきり。3月の春場所後の職務分掌で幕内の審判長を務める現職に就任して3場所目。「新米はなかなかうまくいきません」が反省の弁だった。