[PR]

(12日、大相撲秋場所4日目)

 稀勢の里は魁聖にてこずったが、何とか勝った。白鵬、鶴竜は万全。3横綱がそろって初日から4連勝するのは、1989年春場所の千代の富士、北勝海、大乃国以来29年ぶり。大関昇進を狙う御嶽海も白星を並べた。十両の安美錦が歴代単独4位の通算出場1732回を記録した。

 稀勢の里に敗れた魁聖は横綱戦35連敗。「とりあえず記録を伸ばします。やっぱ横綱は強い」と舌を巻いた。だが、師匠の友綱親方(元関脇旭天鵬)は取組前、「横綱に勝てないといっても今回は違う。横綱は休場明けなんだから。魁聖は最近安定しているし」と期待していた。「がっぷり組んだら、重い体重が生きて頑張るんじゃないかな」

 ぶつかり合って、稀勢の里は得…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら