[PR]

 12日午前3時10分ごろ、大阪市生野区巽西3丁目の路上で、職務質問を振り切り、パトカーに故意にぶつけるなどした2台の乗用車に向け、大阪府警の警察官2人が計7発発砲した。うち2発が運転していた男に命中。府警は男を殺人未遂と公務執行妨害などの疑いで現行犯逮捕した。もう1台を運転していた男は車を乗り捨てて逃走した。

 生野署によると、逮捕された男は右肩や左足に弾があたったが、命に別条はない。名前などは話していないという。逃げた男は20歳前後とみられる。

 発砲直前、現場近くの路上で、同署のパトカーがライトをつけずに止まっていた銀色の乗用車を見つけ、職務質問しようとしたところ逃走。追跡を始めると、すぐに別の黒色の乗用車が間に割り込んできた。2台は100メートルほど逃走して袋小路に入り込んだ後、黒色の車が後進してパトカーに何度もぶつかってきたため、男性巡査部長(27)が降りて運転席に向け2発発砲し、命中。さらに銀色の車も警察官に向かって後進してきたため、男性巡査長(27)が計5発発砲した。