[PR]

 サイドミラー、カメラにします――。トヨタ自動車は12日、10月下旬発売を予定する新型レクサスESの一部車両に「デジタルアウターミラー」を載せると発表した。外付けの鏡を小型カメラに置き換え、映像は車内の運転席両脇に置いた5インチ画面で確認ができる。夜間や雨天時も後ろが見やすくなり、安全運転を助けるという。

 カメラは曇りを防ぐヒーターを備え、雨粒も付きにくい形にした。ウィンカー操作時や後退時は、周囲を確認しやすいように表示範囲が自動で広がる。従来の鏡より小型になっており、運転席からの視界が開け、風とぶつかる音も抑えられるという。

 搭載は上位機種のみで、オプション装備。トヨタによると、量産車に外付けの電子ミラーを載せるのは世界で初めて。国土交通省が2016年に車両の保安基準を見直し、「鏡を使わない」方式が認められた。

 カメラシステムが壊れた場合は、車載の通信機能でトヨタが故障を把握し、修理を促すという。(山本知弘)