[PR]

 プロバスケットボールのB3リーグに今季から参入し、29日に初戦を迎える「岐阜スゥープス」の選手ら5人が12日、県庁を訪れ、古田肇知事にリーグ参戦への意気込みを伝えた。

 同チームは、29日の開幕戦で、東京エクセレンスと東京都板橋区で対戦する。最初のホーム戦は10月13日で、埼玉ブロンコスとOKBぎふ清流アリーナで対戦する予定だ。

 運営会社長の細田英樹さんは、スポンサー集めについて「まだ知られていない。皆さんに知っていただくことから始めている」と現状を報告。古田知事は「バスケットのおもしろさをどう伝えるか。地域密着の地道な努力も支持を得る大事なベースになる」と応じた。

 アメリカ出身のビンゴ・メリエックス選手は「とてもいいチーム。スタートに向け準備している。良い結果が出せると思う」。選手兼チームマネジャーの田中昌寛さんは「忙しいが、やりがいを持ってやっている」と話し、古田知事は「活躍を期待している」とエールを送った。(板倉吉延)