[PR]

 沖縄県知事選が13日、告示される。翁長雄志(おながたけし)知事の急逝に伴うもので、安倍政権が推し進めている米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画の是非が争点になる。投開票は30日。県選挙管理委員会によると、9月12日時点の選挙人名簿登録者数は115万8569人。

 立候補予定者はいずれも無所属新顔で、前宜野湾市長の佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=、自由党幹事長で衆院議員の玉城(たまき)デニー氏(58)ら。両氏による事実上の一騎打ちになるとみられる。

 佐喜真氏は、安倍政権が全面的に支援。「普天間飛行場の返還が最重要」と訴え、辺野古移設の賛否については態度を明らかにしていない。

 玉城氏は、翁長氏を支えた共産や社民、労組や企業などの「オール沖縄」勢力が擁立。翁長氏の後継として「辺野古に新基地を造らせない」と訴える。

 前回2014年は、翁長氏が「推進」の現職らを破り、辺野古移設反対を明確に掲げた候補として初めて当選した。だが安倍政権は工事を推し進め、政府と県が激しく対立。県は8月末に埋め立て承認を撤回し、工事は中断している。