[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックのボランティアの募集が、今月26日からインターネット上で始まることになった。大会組織委員会と東京都が求めるのは、近年の五輪でも例のない規模となる計11万人。CMに人気俳優の広瀬すずさんを起用し、若い世代に参加を呼びかけていく。

 組織委と東京都が12日、要項を発表した。組織委が募集する「大会ボランティア」は8万人で、主に競技会場や選手村など大会関係施設で活動する。都が集める3万人の「都市ボランティア」は空港や主要駅などで外国から来た人の案内などを担当する。

 条件は「2002年4月1日以前に生まれた人」「日本国籍を有する人または日本に滞在する在留資格のある人」など。今月26日の午後1時から、大会ボランティアは組織委の特設サイト、都市ボランティアは「東京ボランティアナビ」のサイトから申し込める。募集は12月上旬まで。

 ボランティアは12年ロンドン大会では約7万8千人、16年リオデジャネイロ大会では約5万人だった。11万人達成に向け、組織委は7月末から首都圏の大学などを回り、説明会を繰り返している。組織委の坂上優介・副事務総長は「盛り上がりの手応えはあるが、フタをあけてみないと何人集まってくれるか分からない」と話す。(平井隆介

こんなニュースも