天皇陛下は12日、皇居内の水田で恒例の稲刈りをした。稲作は、農家の苦労に思いを寄せるなどの目的で昭和天皇が始め、陛下が引き継いだ。来年4月末に退位を控え、在位中最後の稲刈りとなる。

 陛下は長袖シャツ姿で、5月に植えた、うるち米のニホンマサリともち米のマンゲツモチ計100株を鎌で丁寧に刈り取った。宮内庁によると、今年の作柄は「平年並み」という。(緒方雄大)