[PR]

 JR北海道は12日、地震など自然災害の影響で、9月の収入が10日現在ですでに平年より8億円減収したことを明らかにした。地震で損傷した線路の完全復旧には数カ月かかる見込みのうえ、節電による経済活動の停滞や風評被害が及ぼす観光へのダメージなど、経営再生をめざすJR北に、地震が重くのしかかる。

 この日記者会見した島田修社長によると、今月初めの台風とその後の地震により運休した列車は計4888本。系列ホテルの稼働率も地震前の90%から30%に落ち込んだ。島田社長は、さらに今後、節電と風評被害の影響も出ると予測し、「影響がボディーブローのように大きく効いてくる可能性がある。当社の経営に与える影響は避けられない」と懸念を述べた。

 停電で全線が運休した路線は、9月中にほぼ復旧する見通しがついた一方、震源地に近い日高線(苫小牧―鵡川間)については、厚真川にかかる橋に大きな損傷が見つかり、詳細な調査が必要になった。

 JR北は経営再生に向け、「単独維持困難線区」のうち存続をめざす8線区について、国からの長期的な財政支援を受けるために関係自治体と利用促進策などを協議する準備を進めているが、復旧作業と節電対応に追われ、専念できない状況という。

 島田社長は「不通区間の運転再開と節電協力による計画停電回避に全力をあげ、めどがついた段階で被害挽回のためのキャンペーンを考えたい」と述べた。(斎藤徹)