[PR]

陽明文庫の「近衛家ひろ像」

 平安貴族の藤原氏とその直系の五摂家筆頭、近衛家の貴重な資料を収蔵する陽明文庫(京都市右京区)。諸芸に優れ、博学だった江戸時代中期の公卿(くぎょう)、近衛家●(●はにすいに臣に巳、下にれっか)(いえひろ)(1667~1736)の書画を中心に、近衛家に伝わった王朝文化の世界を紹介する総合展示「陽明文庫の名宝8」が11月4日まで、京都文化博物館(京都市中京区)で開かれています。

 家ひろによる絵や書、近衛家が1千年以上にわたり伝えてきた、国宝でユネスコの「世界の記憶」である藤原道長(みちなが)の日記「御堂関白記(みどうかんぱくき)」や平安時代の和歌、楽譜など約30点が並んでいます。

 家ひろは父・基ひろ(もとひろ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも