[PR]

 日本野球機構(NPB)は12日、臨時社員総会とオーナー会議を開き、東京五輪が開催される2020年のシーズン日程の大枠について承認した。五輪期間中(ソフトボールが始まる7月22日から8月9日)はリーグ戦を休止するため、シーズン開幕は3月20日で例年より1週間早い。交流戦は5月25日からで、オールスター戦は7月19、20日の2試合。五輪閉幕後は出場選手の調整期間を設け、8月14日からリーグ戦を再開する予定だ。クライマックスシリーズは10月24日から、日本シリーズは11月7日の開幕で、例年より2週間遅くなる。選手会の了承を得て、今年中に20年の全日程を組む予定。会議ではこのほか、野球振興策についてプロアマが協力して未就学児童への普及活動に取り組むことなどを確認した。

こんなニュースも