[PR]

 今年のサクランボの収穫量は平年並みだったが、売り上げは好調だった。栽培の管理や人手の確保など、すでに来年の収穫に向けた取り組みが始まっている。

負担減へ樹木低く 作業

 12日、寒河江市の県農業総合研究センター園芸試験場で、サクランボ生産者ら160人が濃い緑色の葉を茂らせるサクランボの樹木に視線を注いでいた。藤棚のように平らだったり、Y字状に枝を広げていたり。同試験場の職員が、栽培の注意点を説明すると、参加者からは「雪への耐久性は」「どの時期に枝を曲げれば良いのか」などと質問が相次いだ。

 県園芸農業推進課によると、サ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら