[PR]

 日体大は渡辺正昭駅伝監督の暴力やパワハラ問題を、同監督の解任でひとまず決着させた。ランナーにとっては命の足を蹴るなどの行為をおおむね認めながら、それが暴力にあたらない、とした渡辺氏の感覚にはあきれるばかりだ。

 今回の案件で部員1人がすでに退部し、もう1人が退部の意向という。折しも日本学生対校選手権で仲間たちが熱い戦いをしていた最中に問題が明るみに出た。駅伝で快走する夢を絶たれた部員の気持ちはいかばかりか。

 渡辺氏には以前から暴力やパワ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら