[PR]

 ビールなどの原料となる二条大麦の作付面積で全国一を誇る佐賀県。主要産地の佐賀平野で作り、その麦でつくった麦茶を販売しているのが、佐賀市川副町で農業生産法人「イケマコ」を経営する池田大志(ひろし)さん(41)だ。

 名づけて「百姓品質麦茶(ひゃくしょうひんしつむぎちゃ)」。パッケージに麦を背負う生産者のイラストを描き、「佐賀産二条大麦使用」とうたう。

 ティーバッグでいれた麦茶を、飲んでみた。軽やかですっきりした感じ。よくある麦茶の重く、粘りつくような感じとは違う。目指した味「昔ながらの香ばしい味わいで、のどごしがすっきりとした麦茶」とは、こういうものかと思った。

 麦茶の販売を思いついたのは2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら