【動画】パンダの赤ちゃん、一般公開始まる 和歌山・白浜=大森浩志郎撮影
[PR]

 和歌山県白浜町のテーマパーク「アドベンチャーワールド」で13日、ジャイアントパンダのメスの赤ちゃんの一般公開が始まった。

 この施設で生まれた16頭目のパンダ。8月14日に生まれたときは過去最小の75グラムで未熟児だった。その後、母親の良浜(ラウヒン)の母乳を飲んで順調に育ち、13日現在で731グラムに。まもなく目が開くようになる。

 この日は、大勢の入園者が訪れるなか、9頭目の子育てになる良浜の胸に抱かれ、体をなめられながらかわいがられていた。

 良浜は、今月4日の台風21号で雨や風の音が激しく聞こえる中でも、落ち着いた様子で赤ちゃんを抱いていたという。

 公開は毎日午前10時15分からと午後2時40分からの20分ずつ。体調次第で時間変更や中止の場合がある。赤ちゃんの名前も募集している。(東孝司)