三重)モンゴル料理、ゲルでいかが

有料会員記事

三浦惇平
[PR]

 モンゴル遊牧民が暮らす移動式テント「ゲル」で本場の味を楽しめるモンゴル料理店が三重県鈴鹿市にある。留学先の日本で結ばれた30代のモンゴル人夫婦が、モンゴルの料理や文化をより知ってもらいたいと始めた。

 飲食店が立ち並ぶ鈴鹿中央通りから1本裏通りに入ると、白いゲルが現れる。スンゲさん(35)と妻のアオトゲンさん(37)が営むモンゴル料理店「チャハル」だ。30品以上の家庭料理を取りそろえる。

 店のおすすめは、モンゴル産の岩塩を使ってゆであげたラム肉。柔らかいラム肉をシンプルに味付けしている。モンゴルではチーズも盛んに食べられるといい、揚げチーズも日本人に人気だ。ビールやウォッカといったモンゴルのお酒もそろう。

 モンゴルの暮らしぶりを堪能…

この記事は有料会員記事です。残り556文字有料会員になると続きをお読みいただけます。