[PR]

 建て替えが進むJR尾道駅の新駅舎に入る店舗が決まり、JR西日本岡山支社が13日発表した。飲食店やレンタサイクルショップ、宿泊施設が入り、近隣住民と観光客の双方が集まる拠点を目指す。開業は来年3月中の予定。

 駅舎は2階建てで延べ約2150平方メートル。1階で自転車を40台ほど貸し出し、サイクリスト向けの衣類や修理用品も販売。2階のホステルは最大66人の宿泊が可能だ。自転車を立て掛けるスペースを設けるなど、しまなみ海道を中心に近隣を訪れるサイクリストの利用を見込む。

 土産品の販売店や食堂、夜にはバーとなるレストランも設け、幅広い観光客や通勤・通学客、出張で訪れる人たちにも立ち寄ってほしいという。

 コンビニ以外は、サイクリスト…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら