[PR]

 16日での引退を発表している歌手の安室奈美恵さん(40)。前日15日に故郷の沖縄で音楽祭に出演する予定で、それが最後のステージとなる。6月まであったラストツアーのDVD・ブルーレイもミリオンセラーとなるなど、別れを惜しむファンの熱気が高まっている。

 ファンの思いを届けようと、安室さんゆかりの企業が企画したキャラバントラック2台が8月20日から全国34都市を回った。各地でファンが集い、記念撮影したり、メッセージカードを特設ポストに投函(とうかん)したりしてきた。

 今月8日は、広島市西区のショッピングモールに。30~40代の女性を中心に約3500人が列を作った。コンテナ部分には大写しになった笑顔の安室さん。皆が口々に言った。

 「安室ちゃん、ありがとー」「安室ちゃんのおかげです」「大好きだよ」

 市内から来たガーデニングデザイナー佐々木公子さん(55)は安室さんのイラストを描いたはがきを特設ポストへ。

 ファン歴23年。1年前、朝のニュースで引退発表を知ったときはショックだったが、「いつも真剣に仕事と向き合ってきた安室さんが決断したこと。感謝の言葉しかない」。

 昨年11月に出たベスト盤「Finally(ファイナリー)」の表題曲を聞いて「最後だ」と実感し、涙がこぼれた。完璧を追求し、自分のスタイルを貫く姿勢が好きだった。仕事で落ち込んだときはそんな彼女を思い浮かべ、「私も頑張ろう」と思えたという。

 今年2~6月のラストツアーは落選して見られなかったが、ライブのDVDとブルーレイディスクは内容の違う3枚を購入。毎日ネットで情報を調べるなど、安室さんの姿を追いかけた1年だった。「今後の幸せな人生を願う気持ちでいっぱい。ファンであることを誇りに思います」

 娘(15)と来た市内の主婦高…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら