[PR]

 NTTデータは13日、都内で複数の自動運転車を公道で同時に走らせる実証実験をすると発表した。乗降場所を限定した完全自動運転による配車サービスを2020年までに実用化したい考えだ。

 同社の本社がある江東区豊洲地区で14日と19、20日に実施する。自動運転の技術を開発する群馬大が車両を提供。大和自動車交通の運転手が運転席に座る。

 豊洲駅、商業施設(アーバンドックららぽーと豊洲)、マンションの3カ所を乗降場所にした1周約6キロのルートを3台のミニバンが走る。事前に予約した40~50組のマンション住民が参加し、乗り降りする場所をウェブサイトで指定する。

 NTTデータは航空管制システムなどを手がけており、自動運転に必要なデータの解析やセキュリティー管理に強みを持つ。昨年、群馬大と協定を結び、天候などの条件を満たせばシステムがすべての操作を行う完全自動運転の確立をめざし、研究を進めている。

 同社広報は「人の多い都市部で自動運転車を走らせるのは課題も多いが、実現すれば採算も見込める。地域の声を聞き、課題を整理したい」としている。(箱谷真司)