写真・図版

[PR]

 中央省庁が障害者の雇用数を水増ししていた問題で、原因究明を進める政府の検証委員会(委員長=松井巌〈がん〉・元福岡高検検事長)は13日、不適切に算入していた事例の情報をメールで寄せてもらう通報窓口(tsuhomadoguchi@mhlw.go.jp)を設けた。職員や退職者、障害者らから28日まで受け付ける。

 検証委は13日、国の33行政機関を対象とした調査にも着手した。昨年6月1日時点で水増しされていた計3千人超について、障害者手帳などによる確認の有無などについて、20日までに回答するよう求めた。その後、人事担当者らへのヒアリングなどを実施し、10月中をめどに報告書をまとめる。