鹿児島)「征韓論」は「親韓論」だった 新しい西郷像

有料会員記事

聞き手・大久保忠夫
[PR]

 西郷隆盛は「征韓論者」ではなく「親韓論者」で、明治新政府内で開明的(進歩的)な政策を次々と実施したことを知ってもらおうと、漫画の「『本当の征韓論』を語ろう」が自費出版された。副題は「『征韓論』は『親韓論』だった」。観光施設会長をつとめる山元正博氏(68)に本に込めた思いなどを聞いた。

 ――出版のきっかけを教えて下さい

 私は鹿児島市で生まれ、高校まで過ごしましたが、西郷を学校で習ったことは一度もありません。これでは、西郷の名前は知っていても、具体的な功績を知らない県民がいてもおかしくない。私は専門家ではありませんが、社会人になってから勉強して偉大さを知りました。

 肝付町出身で東京で印刷会社…

この記事は有料会員記事です。残り1320文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら