[PR]

 新幹線で1駅20分もかからない福岡市と北九州市。福岡県内にあるこの二つの政令指定市が、7月に公表された総務省の人口調査で明暗を分けた。昨年1年間の市区町村別の人口増減数で、1万4千人余り増えた福岡市は全国トップ、北九州市は5千人以上も減ってワーストに。何が起きているのか。

 福岡市郊外の住宅街にある市立西都小学校。人口増をうけて2017年に開校したばかりだが、一部の教室は棚で仕切って部屋を増やし、多目的教室も通常の授業に使っている。

 児童数は7月現在873人。毎年約200人が入学する見通しで、23年度には1350人まで膨らむ。校庭にプレハブを建てて教室を確保する予定だ。斉藤啓一校長(53)は「運動場で遊びづらくなる。クラスも増え、体育館を授業で使う頻度も下がる」とみる。

 市教委は6月、開校2年目の西都小の校区を分割し、5年後の学校新設を目指す方針を固めた。担当者は「子ども連れの家族の転入が、開校前の想定を大きく上回った」と説明する。

 15年の国勢調査では人口が神…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら