[PR]

(14日、J1 鹿島2―1湘南)

鹿島の鈴木は1―1に追いつかれた直後の後半22分に投入された。「同点になって、燃えていた」。後半の追加時間、西からの右クロスに勢いよく飛び込んで、ヘディングで勝ち越しゴールを奪った。「最近点をとれていなかったので、絶対にとってやろうと思っていた」と5試合ぶりの得点を喜んだ。