[PR]

 被害が後を絶たないオレオレ詐欺を防ごうと、芸能人らが参加した警察庁の予防プロジェクトチームが14日、発足した。高齢者だけでなく若い世代も含め、被害を防ぐための情報を発信する。

 チームの名称は「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」(略称・SOS47)。俳優の杉良太郎さんが呼びかけた。メンバーは人気アイドルグループ「乃木坂46」、「AKB48」元メンバーの川栄李奈さん、歌手の伍代夏子さん、タレントのコロッケさん、女優の飯豊まりえさん、男性ユニット「w―inds.」、「TOKIO」のリーダー城島茂さん、「EXILE」の結成メンバー松本利夫さん。

 メンバーはこの日、小此木八郎・国家公安委員長を表敬訪問した。乃木坂46の伊藤かりんさんは「おじいちゃんやおばあちゃんたちが一生懸命ためたお金をポンと持っていっちゃう人がいることが許せないし、ありえない。なくさなければならないと感じた」。川栄さんは「一人暮らしをしていて家族の声を聞く機会が減っている。詐欺予防のために発信できたらいいなと思う」と話した。

 今後は多発する手口を紹介する動画を作ったり、被害が多い東京や神奈川、愛知、大阪、福岡などでイベントを開いたりする。家族がこまめに連絡を取り合い、不審な電話に気をつけるようメンバー自身のSNSで呼びかける。