[PR]

 マツタケによく似た「バカマツタケ」を、人工栽培で継続的に育てることに成功したと奈良県は14日、発表した。本家に代わって、秋の味覚の代名詞として認知される日が来るかも?

 県森林技術センターは2017年10月、全国で初めてバカマツタケの人工栽培に成功。当時は1本だけだったが、菌が実験林内で順調に定着した。今年は9月14日時点で計13本(平均10センチ程度)の栽培が確認できた。

 不名誉な名前は、松林ではなくコナラなど広葉樹林でマツタケより少し早い時期に出てくることに由来する。「時期も場所も間違えたそこつ者」という意味があるとされる。吉野郡では「サマツ」や「ハマツ」と呼ばれて食べられている。

 マツタケの近縁種で、見た目や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら