[PR]

 屋久島町議会は14日、9月定例会最終日の本会議を開き、新庁舎の備品購入費などを盛り込んだ約1億5400万円を追加する一般会計補正予算案を可決した。新庁舎の総事業費が24億円に膨らむことを踏まえ、一部の町議が「災害対策など優先すべき事業がある」として、屋根付き運動施設の設計委託費1200万円を削減する修正案を出したが、反対多数で否決された。

 補正予算案には、新庁舎関連の予算として、議場で使う机や職員用の椅子などを購入する約2千万円を計上。今後、さらに防災無線や電算機器などの移設費に約3300万円が必要で、最終的な総事業費は約24億円に上る見込みだ。

 予算審議では、町北部に建設予定の屋根付き運動施設の予算案について、一部の町議が「南海トラフ地震に備え、低地にある消防分遣所の移転を先にすべきだ」などと反対。一方、賛成する町議は「町長の政治判断だ」などと主張し、修正案は反対8人、賛成5人で否決された。

 町によると、運動施設は現在のゲートボール場に建設し、総事業費は1億円超になる見込み。来年度の着工を目指しているという。(屋久島通信員・武田剛)