【動画】トサシミズサンショウウオ=笠原雅俊撮影
[PR]

 土佐清水市で生息するトサシミズサンショウウオの特別展示が16日から、足摺海洋館(同市三崎今芝)で始まる。

 トサシミズサンショウウオは九州に生息する「オオイタサンショウウオ」と考えられていた。6月に高知市立動物園「わんぱーくこうちアニマルランド」が新種であると発表した。

 体長約12センチで、腹部や側面に白い斑点がある。エサはミミズや昆虫。同館は「土佐清水の名前がついたサンショウウオを地元の人に見ていただきたい」と来館を呼びかけている。

 16日(日)午後1時半から、トサシミズサンショウウオの生態学習会もある。特別展示は10月31日まで。問い合わせは同館(0880・85・0635)へ。(笠原雅俊)

関連ニュース