[PR]

 高齢化や担い手不足が深刻になりつつある農業に、情報通信技術(ICT)を活用する動きが山梨県内でも活発になってきた。農作業の省力化とともに、「勘と経験」からの脱却を目指す試みだ。

甲州 ドローン画像もとに育成状況把握

 緑の葉が茂り、薄紫色に実った甲州種ブドウの畑の上空を、ドローンが「ブーン」と音を立てて飛んでいた。畑から10メートルほどの高さを一定の速度で移動し、撮影した画像が地上にいる操縦者の手元のモニターに映し出された。

 ワインの産地、甲州市勝沼町で…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら