加工の技、日本一を自負 シャコ

有料記事

抜井規泰
[PR]

魚河岸ものがたり:26

 漁師の山本直嗣さん(55)が大笑いした「ステッカーの件」とは、昨年、愛知のシャコを全国に広めようと作ったシールだ。

 「シャコパンチ」という言葉をご存じだろうか。愛敬のある響きだが、シャコはガラスの水槽を割るほど強烈なパンチ力を持つ。これを受けると、「どえりゃあ痛いんだわ」。そんなシャコをボクサーに見立ててシールを作ったが――。

 豊浜のシャコは近年、年間漁獲量130トン前後だったが昨年、原因不明の不漁で7分の1の19トンに激減。売りだそうとした途端の不漁で、作ったステッカーはお蔵入りとなった。

 「でも今年は戻ったよ」と山…

この記事は有料記事です。残り419文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!