[PR]

 水槽を泳ぐ魚にスマートフォンをかざすと、名前や特徴がわかります。海遊館(大阪市)が、アプリ「リンネレンズ」とコラボし、こんな試みを始めた。

 元々は名前だけが表示されるアプリ。それに、職員が館内の60種の解説を加えた。ジンベエザメなら「大きさの割にプランクトンなどの小さな餌を食べる」。

 自分のスマホに加え、館に備えた4台でも楽しめるが、4台の充電が追いつかないほどの人気だ。スマホばかり見ないで水槽の魚も見てね。11月末まで。