[PR]

 (14日、ラグビー・トップリーグ 神戸製鋼36―20サントリー)

 トップリーグでデビューを果たした神戸製鋼のダン・カーター(36)が試合後の記者会見で自らのプレーを振り返った。

 ――日本ラグビーにアジャストするのは難しかった?

 そうでもないと思います。来日して2カ月、周囲に助けてもらって慣れるのは早かった。チームメートの頑張りもあって、自分の役割をやりやすかった。

 ――日本ラグビーのレベルはスーパーラグビーに比べてどうか?

 日本のスタンダードは毎シーズン、上がっている。スピードが速いので、慣れないといけない。80分間出る予定はなかったが、後半、雨が降りだして、ゲームスピードが落ちたのは助かりました。

 今まで達成したことに関係なく、新しい国で自分のプレーを証明しないといけないと、だいぶ緊張していた。

 ――自身のプレーを振り返って?

 全体的に良かったし、スキルも出せた。自信がつくには数試合かかるが、久しぶりの試合でスキルを出せたのには驚いた。ハードワークと経験を頼りにパフォーマンスできた。

 ――今後のチームの改善点は?

 最初の30分はいいプレッシャーをかけていたが、その後、うまくプレーできなかった。80分間、理想的なプレーを続けることを強みにしないといけない。パソコン、iPadで試合を振り返って、課題を理解して次の試合に入りたい。

 毎週少しずつ成長できれば、プレーオフ、最終的には優勝につながると思うが、簡単なことではない。ハードワークが必要だ。

こんなニュースも