[PR]

 韓国政府は18日から平壌で開く南北首脳会談で、日朝首脳会談の開催を北朝鮮に促す方針だ。日朝対話の本格化が、北朝鮮に厳しい国際社会の雰囲気や制裁の緩和につながると判断。4月に続き今回の南北首脳会談でも、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に改めて働きかける。

 南北関係筋が明らかにした。同筋によると、韓国国家情報院の徐薫(ソフン)院長らが5日、平壌で北朝鮮側に対し「拉致問題などは日朝が直接交渉して解決すべき問題だ」と指摘。日朝首脳会談を開くよう促した。

 徐氏は10日、東京で安倍晋三首相と面会した際にも、同じ趣旨の考えを伝えた。安倍首相は徐氏に対して「金正恩氏と直接会う用意がある」と答えたという。文氏はこうした日本政府の意向を踏まえ、正恩氏に働きかける。

 日本は外交ルートで「日朝首脳…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら