[PR]

 北海道・大雪山系では紅葉が始まり、15日からマイカー規制もスタートした。6日の胆振東部地震で、ふもとの温泉街はキャンセルに苦しむが、「ここから元気を発信したい」と新たなイベントにも力を入れる。

 大雪山系の赤岳(2079メートル、上川町)。登山口の銀泉台から約1時間登ると、山腹一面が赤く色づいている。さらに登ると、チングルマやウラシマツツジの草紅葉も広がる。神奈川県からツアーで来た江尻英一さん(69)は「素晴らしい紅葉。地震の影響を心配したが、宿のサービスも何の問題もなかった。知人に『北海道への観光は大丈夫』とアピールしたい」。銀泉台までの約15キロは、マイカー規制になっている。

 一方、上川町にある層雲峡温泉は、地震によるキャンセルが相次いでいる。停電は1日だけで建物などに被害はなかったが、層雲峡観光協会によると、10日の段階で約9千人分の予約が取り消しになったという。

 大雪山の紅葉を楽しんでもらお…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら